下半身太り

下半身太りになってしまう主な理由

下半身,太り,解消,短期間,ダイエット,エクササイズ

 

下半身太りになる理由

 

下半身が太ってしまう一番の原因は運動不足にあります。
動くことで脂肪が燃焼したり、血液や様々な分泌物、
そして老廃物などがあるべき場所へと流れていくからです。

 

 

 

あまり痩せないなと感じている部分を間隔を空けて両手で掴んで、
それぞれ違う方向へと捩じってみてください。

 

 

 

ボコボコとしたものが浮かんできませんか?
それがセルライトと呼ばれる固くなった脂肪です。

 

 

 

燃焼せず蓄積されたセルライトが増えると、その部分が冷えやすくなり、
また逆に冷やし続けることでもセルライトが増える原因となります。
寒い時期の薄着や長時間座り続けることは避けなければいけません。

 

運動、塩分、水分の三つのバランス

 

ただ、運動を適度に行うことで体が温まりますが、
固くなってしまった脂肪はさらにマッサージなどで解さなければなりません。
食事の塩分量も下半身への影響が出ます。

 

 

 

これは特に妊婦の方や年配の方に多く見られるのですが、
塩分の多いものを食べていると無意識に水分を多く摂取してしまうため
脚が押しても元に戻らないほど浮腫みます。

 

下半身,太り,解消,短期間,ダイエット,エクササイズ

 

よく水を一日に2リットル飲まなくてはいけないと耳にしますが、
運動をしない人が汗をかくこともなく排尿もほどほどという状態でそれだけの量の水分を摂ると

 

 

 

汗などで外に出られなかった分が体の下の方、
つまり下半身に溜め込まれ、脚が太くなるということになります。

 

 

 

運動、塩分、水分の三つを絶妙なバランスに保たなければ、
体の下の方だけが太くなるというアンバランスな状態になるのです。

 

 

 

>>>下半身太りが気になる人の上手なコーディネート