下半身太り

男女の下半身太りのそれぞれの主な原因

下半身,太り,解消,短期間,ダイエット,エクササイズ

 

下半身太りの原因

 

男性と女性では下半身の太り方に違いがあります。
個体差はありますが、男性はりんご型と呼ばれるお腹周りから、
女性は洋梨と型と呼ばれるお尻や太股からお肉や脂肪が増えます。

 

 

 

人間は食べた栄養を動くためのエネルギーとして使い、
使い切れなかった分を貯めておくように出来ています。

 

 

 

北極という極寒の地で生きているアザラシなどは寒さにより大量のエネルギーを使うため、
その皮の下に脂肪を蓄え、冬眠前の熊は植物や動物をたくさん食べて体に栄養を貯め込みます。

 

 

 

これらは、いざという時に備えての生物に与えられたメカニズムで、
当然同じ生き物である人間にも備わっているのです。

 

女性と男性の違い

 

しかし、私たち人間は発達した科学力により、寒い日は暖かい場所で、
暑い日は涼しい場所で過ごせるようになってしまった為に、
この体のメカニズムが太る原因になっているのです。

 

 

 

同じ人間なのになぜ女性と男性で太りやすい箇所が違うのか
それは女性が子供を出産することが出来るのが大きな違いなのです。

 

下半身,太り,解消,短期間,ダイエット,エクササイズ

 

男性がお腹周りから太るというのは内臓脂肪がつき易いのが原因なのですが、
女性の内臓に脂肪がつき易いと子供が産まれてくる際に、
赤ちゃんが通る産道が圧迫されて狭くなってしまいます。

 

 

 

それを回避する為に女性は内臓脂肪よりもまず皮下脂肪が増えるように出来ていると言えます。
ただ、閉経(生理が終わること)を迎えると女性ホルモンが減少し、
女性も男性と同じようにリンゴ型の太り方をする人が増えます。

 

 

 

>>>学生時代に下半身が太りがちな理由はなんなの?